人気ブログランキング |
神奈川県立近代美術館 葉山で行われている展覧会。『若林奮 飛葉と振動』
『若林奮 飛葉と振動』_d0158573_1805946.jpg

久しぶりに2時間半かけてじっくり見てまわった。本当はもっと見ていたかったが、デトックス中で食事制限などしていたので体力がもたなかった。久しぶりの美術鑑賞。しばらくブログを書いてないし、うまく伝えられそうにないのだが、すごく楽しく、静かに興奮していたので、ただメモとしてでも残しておこうと思います。

共感点。
世界をとらえたい。
自分と世界の間にあるものへのまなざし。
目に見えないものを形にしようとする。
彫刻家として最終的に庭にむかう。

気になった言葉。(うるおぼえ)
「人は自然そのものにふれる事は出来ない。触れる時は常に風景を介して触れる。例外は嵐や台風など自然が猛威をふるう時。」
「葉は木に属している。私の側に属していない。しかし葉が落ちるとき、葉は木からはなれ私の側に向かってくる。また飛葉は木からはなれ、木と私の間を…」
「美術を尊敬してほしい」(インタビュー映像の言葉)

美術を愛し、美術を信じるこころがまぶしい。
建築を愛し、建築を信じていれてるだろうか?

あ、あと一昨年だったか横須賀美術館でやってた娘のためにつくったものの展覧会をみたかったのにいけなかったんだよね。またどっかでやってくれないかなあ。

世界をどう見るのかは自分次第。つまり人それぞれ。それでも共感したいし。繋がりたい?ゆるやかに?
『若林奮 飛葉と振動』_d0158573_1813777.jpg

神奈川県立近代美術館 葉山の庭からはこんな風景も見れますた。
# by logiarchi | 2015-11-22 18:11
保坂和志さんの「朝露通信」を読んだ。
たまたま同時に読んでいたのは川上克己さんの「かっちゃんの子供の頃」
前者は好きな作家さんの新刊で、後者は最近北鎌倉の山の手入れのお手伝いに行っているが、そこのリーダー的存在のかっちゃんの書いた文章だ。どちらも鎌倉が舞台となっている。
 昨年末に自分は10数年住んだ池尻大橋から鎌倉に引っ越した。西御門といって八幡様のさらに上にあがった山の方だ。鎌倉駅から歩くと30分近くかかる。海まで行こうと思ったら1時間コースだ。東西を山に挟まれて、谷間の家々を望む景色に惹かれ即決してしまった。
最近読んだもの_d0158573_1814314.jpg

のんびりと過ごす時間が増えていることは事実。仕事に対する不安がないこともない。しかし暮らし方について問い直す良い機会になっている。
 本の話に戻ると、どちらも自身の幼少時代を綴ったもので、「朝露通信」は元は新聞の連載小説で、見開き2ページが1回分で全部で185回分収められている。あとがきで述べられている通り、作品は「前後関係や因果関係よりも心を過った瞬間の鼓動や光や風をそのまま捕えること」を大事にされた文章で、その風景や空気を共有する喜びを感じるものであった。
一方「かっちゃんの子供の頃」もその名の通り、かっちゃんの子供の頃の話だが、こちらはかっちゃんが自身で仲間に語っていたものを皆が面白く聞き、文章にしたらどうかと勧められて A4の紙1枚に1つの話を打ち出したものを全80話クリアファイルに収めたものだ。素人が書いたものだからと謙遜しておられたが、何度も語ってきた言葉が文章になっているからこそのリズムや面白さがある。
比較するのはどちらに対しても失礼かもしれないが、そこにはなにか共通する面白さ、みずみずしさがあった。
また川上克也さんは77歳、保坂和志さんは58歳、自分は40歳で約20歳づつの開きがあり、それぞれの時代に共通するところと変わったところが見えて面白かった。
「朝露通信」の帯に書かれた「子供だった日々が人生の後ろ半分を支える。」という言葉に惹かれながらも、40を過ぎて自分が郷愁へむかっているのではないかと心配な気持ちもある。しかし「懐かしさ」というものにはずっと興味を持ってきたような気もする。ノスタルジックなだけでない、経験の有る無しに関わらず共感を得られる懐かしさ。
これからの暮らし方、生き方について考える上でもこの懐かしさの共感は重要なキーワードとなる気がしている。

とここまで書いてアップしてから、やはり最初に書こうとしていたことから逸れていき、途中からブログの話としてまとめようとしていることに気がつく。今年は自分の思ったことを素直に文章にできるように努力したいと思う。
これは写真を撮る時に、せめて目で見たものの素晴らしさをそのまま写真に残したいという気持ちと一緒で、やはり技術や経験がなければ、数打って時折まぐれでできるかという感じなのだろう。技術や経験の先にある素直さはそう簡単には手には入らないのかもしれない。
# by logiarchi | 2015-01-19 21:29 |
11月10日の日曜日、平井のグループホームの内覧会を行います。

グループホーム 内覧会のお知らせ_d0158573_21222665.jpg

# by logiarchi | 2013-10-31 21:28 | 建築
設計スタッフを募集しています。

直近の業務としては現在設計中のグループホームの模型製作、CG製作、実施設計等になります。
スタッフ募集_d0158573_0115826.jpg

ご興味のある方は下記アドレスまでご連絡下さい。
logiarchi@ybb.ne.jp
# by logiarchi | 2012-09-19 00:13 | 建築
近所に代官山蔦屋が出来てから資料探しは便利になったが、
ついでについついCDやらDVDを借りてしまう。
忙しいのに夜中に映画を見てしまう。

けどいい映画を見た次の日は睡眠時間短くてもちゃんと起きて仕事出来る。
たのしいの飲み会の次の日も。なんでも気の持ちよう?
てことで最近見たもの。次の日起きれたもの。

「永遠の僕たち」大好きなガス・ヴァン・サント監督。
主演のヘンリー・ホッパーが時々デニス・ホッパーに見えます。ソーキュート。純粋な恋。
みたもの3_d0158573_1295898.jpg


「ビューティフル」これまた好きなイニャリトゥ監督。
ハビエルはいつだってかっけえ。バルセロナが舞台だが、大都市の裏側の影の部分がリアルに描かれている。
みたもの3_d0158573_1393083.jpg


どちらも生きることについて考えることができる映画。

あ、あと最近映画館ではちょっと前だけど「アーティスト」見ました。

あ、あとどうでもいいけどタイトルの「みたもの3」がみのもんたに空目。
 
# by logiarchi | 2012-06-05 01:48 | 映画
千葉のシェアハウスの現場。
昨日吹抜け階段にグラッフィックパネルの吊り込みに行ってきました。
ジャメヴ_d0158573_14105446.jpg

パネルの写真はイシダヒデユキ氏の作品。
ドタバタのスケジュールの中、ありがとうございました。

イシダ氏と話す中で、氏が作品のテーマにもしている「ジャメヴ」という感覚にも共感し、今回お願いすることになりました。
ジャメヴとはデジャヴ(既視感)の対義語で未視感。
見慣れたものが未知の物に感じられること。
確かにそれは写真の本質のように思える。

そして私が設計する上で大切にしている部分ともリンクする。
奇抜な物よりも、そこにあるべくしてあるのに何か新しく感じるもの。
昔の物をそのまま引用するのではなく、けどどこか懐かしいと感じるもの。
そんな感覚を大切にしたいと思う。

あと今回はこんなサインにけっこう苦労しました。。。
ジャメヴ_d0158573_145622100.jpg


1期工事部分が間もなくオープン。
本日もこれから最終チェックに行ってきます!
# by logiarchi | 2012-06-01 15:00 | 建築
今までになくハードな年度末。
確定申告も前日に徹夜して出しました。。。
2つの物件が3月末に竣工予定。ただいま最後の追い込みです。
追い込み_d0158573_1612293.jpg

富士見ヶ丘のパン屋さん ヨシダベーカリー
追い込み_d0158573_1693737.jpg

赤坂の歯医者さん 赤坂歯科クリニック

職人さん最後までよろしく御願いします!!
# by logiarchi | 2012-03-27 16:13 | 建築
久しぶりに酔った勢いでの更新です。

友人に生きてるか?と心配されたので。。。

はい。生きてます。少々忙しいのを言い訳に更新さぼってました。。。

困難な時ほどいろいろと学びますよね。
自分のことばかり考えている自分が、いかに周りの人に助けられて存在しているか。
友人や周りの人のやさしさに気づかされます。本当に感謝です。

やさしさとは人の痛みを知ることと自分の弱さも肯定しがちでしたが、
本当のやさしさにはやはり強さが必要な気がします。もっと強くありたいです。

なんて酔った勢いでなにいてるんでしょね。

次回はもう少しまともな更新を。。。
すこし遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

年末年始、それほどたくさんのプロジェクトを抱えてる訳でもないのに、腰痛との闘いもあってか、バタバタしております。
HAPPY NEW YEAR_d0158573_2224561.jpg


上は今年の年賀状です。輪郭とんでますが。絵は2007年の独立したてにコンペに出したのを使ってます。
アスファルトで覆われた地面(ミミズが下で溺れてる気がするんですよね)やコンクリートの基礎でガチガチに固めないと建たない家に
(法隆寺なんかは版築盤の上に礎石のってるだけでもってるけどね)疑問を感じながらこんな妄想をしていました。
建築家ヨナ・フリードマンの「空中都市」にインスパイアされたりしてますが、妄想癖が当時も今も変わっていないことを再確認しました。

HAPPY NEW YEAR_d0158573_23112497.jpg

                          『Yona Friedman / Pro Domo』

2012年、初心を忘れずに、変化を恐れずに、前に進みたいと思います。
みなさま今年もよろしく御願いします。みなみなさまの健康と幸せを祈って。

年賀状ってなんかゆるいコミュニケーションで意外と好きです。
すごく近しくメールや電話でやり取りしてても、年賀状のやり取りはない人もいるし。
もう3年もあってなくても、年賀状だけはやり取りしてる人もいたりして。
# by logiarchi | 2012-01-05 23:13 | できごと
お掃除しました。

やっぱり気持ちいいですよね。きれいになると。
心も少しきれいになった気がします。
心が荒んでる時は掃除もする気にならないので負のスパイラルですけどね。。。

お風呂とかトイレとかは、きれいかどうかももちろんですが、
自分で一生懸命磨いたりすることで愛着が生まれてる様な気もします。
自分の部屋とか自分の家ってほんとに自分の一部の様な、
自分の頭の中の縮図の様な、そんな気もします。

僕らは掃除とか洗濯とか日常の煩わしいものからいかに逃れて、出来た時間をいかに有効に使うか、
がんばってきたけど、最近たまに掃除や洗濯することですごく救われる時もあるような気がします。
これからの僕らにとって本当に優先すべきことってどんなことなんでしょうね。
酔っぱらってふとそんなこと思いました。

さ、お風呂はいろー

ちなみにうちのお風呂の床はこんな感じなんで亀の子タワシでゴシゴシやってもピッカピカにはなりませんけどね。
おそうじ_d0158573_2134822.jpg

最近見てきた展覧会を見たもの順に。

まずはオペラシティーギャラリーでやっている「考える服 感じる服」
会場構成を建築家の中村竜治氏がやっていて、簡単に言うと展示室が壁ではなく目の高さの梁で区切られている。
各室にはそれぞれ違うデザイナーの作品が展示されているのだが、区切られながらも見渡せる。
また隣の展示を見ている人も顔だけ梁に隠れた状態で見えるため、なんだか展示物の一部のように眺めてしまう。
展示物を見ている人を眺める自分を意識したり。服の特質でもある見る見られること自体を意識した面白い構成。

次に東京都近代美術館で行われている「ヴァレリオ・オルジャティ展」
好きな建築家の一人であるスイスの建築家、ヴァレリオ・オルジャティのおそらく初の日本での建築展。
一見普通の建築展だが、模型はどんな建物も1/33という同じスケールで立上がり、そのほか図面や図版、動画といった
平面的なものは全て床に置かれている。3次元のものは3次元で、2次元のものはより2次元的に見せる。
実際の建築そのものは展示出来ないという建築展の宿命にどう向き合うかに言及した会場構成。
そもそも建築展とはなんなのか考えさせられる。

それぞれの展覧会に「物事のより本質に迫りたい」という共通する意識を感じる。

次に森美術館で行われている「メタボリズムの未来都市展」
こちらはまず圧倒的ボリュームを覚悟して見に行ってください。
当時の建築家達の存在感を強く感じると同時に、彼らの夢の都市像を見て、
3.11以後、炙り出されたさまざま現実の問題を見据えた上で、夢や希望を描くことの必要性も改めて感じた。

最後にギャラ間で行われている「311 失われた街展」
3.11の地震や津波で流された街の一部が1/500の白模型で復元されている。
展示と共に行われたシンポジウムでは3.11後の建築家の心境が率直に語られる。
同じ気持ちに励まされる思いとともに、多くの建築家の復興支援活動に取り組む姿に、自分のできることを再度見つめ直す機会をもらった。


ミタモノ2_d0158573_13543889.jpg

ミタモノ2_d0158573_13544813.jpg

# by logiarchi | 2011-12-17 13:22 | 建築
少し時間が出来たので、美術館行ったり、見れてなかったDVDを見たり、読みたかった本を読んだりしていたら、
いつのまにかもう12月。いろいろあった今年ももうすぐ終わっちゃうんですね。

そんな訳で最近見たDVD。

「わたしを離さないで」
カズオ イシグロ 原作と言えば「日の名残り」も良い映画ですが、これもよかった。
見たもの_d0158573_21563896.jpg


同じく原作から気になるシリーズで
「ノルウェイの森」
村上ワールドはやはり小説が強すぎるのかね。緑ちゃんはかわいかった。
見たもの_d0158573_21573321.jpg


「海炭市叙景」
佐藤 泰志の小説を読みたくなりました。音楽ジム・オルークだし。じわじわきます。

見たもの_d0158573_21582295.jpg


「さや侍」
予想以上によかった。竹原ピストルつながりだね。
見たもの_d0158573_21594639.jpg


「ファンタスティックMr.FOX」
さすがウェス・アンダーソン。楽しかった。
見たもの_d0158573_2211797.jpg


「シルビアのいる街で」
映像の空気感が好き。
見たもの_d0158573_2221759.jpg


あとはちょっと古いけど、
「未来の食卓」
最近これ系のドキュメントは気になる。音楽は巨匠ガブリエル・ヤレド。
見たもの_d0158573_2155315.jpg


「お買いもの中毒な私!」
友達の好きな映画見てみたら、面白かった。元気でた。
見たもの_d0158573_2232096.jpg


ちなみに今年見た映画は、
「トスカーナの贋作」と「100000年後の未来」と「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」と「奇跡」
ぐらいか。あんま映画館行けてない。

てか見たもの羅列でたいした感想もなしかーい。
# by logiarchi | 2011-12-02 22:31 | 映画
menu
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ